1. HOME
  2. 事業案内
  3. 看護小規模多機能居宅介護(かんたき)
  4. 看護小規模多機能型居宅介護
(かんたき)とは

看護小規模多機能居宅介護(かんたき)

看護小規模多機能型居宅介護
(かんたき)とは

自宅で穏やかに過ごすことは多くの人の願いではないでしょうか。今求められているのは病気を抱えていても看護と介護の専門家の目が行き届く環境で、その方にとってのいつもの暮らしができる仕組みです。しかし現状では重度になって医療依存度が高くなると家で具合が悪くなったら、病院しか行き場がない介護者の負担が大きく、家で看るのは不安がいっぱいという声を耳にします。そうした課題に対応する為の仕組みが「看護小規模多機能居宅介護(看多機・かんたき)という介護保険サービスです。「通い」「泊まり」のサービスと「訪問介護」「訪問看護」のサービスを組み合わせる事で、医療ニーズの高い方が慣れ親しんだ地域と家で、身近な人に囲まれて暮らし続けることをサポートします。


主な特徴

訪問介護

介護士や介護福祉士がご自宅を訪問して生活を支援します。入浴、排泄、食事などの身体介護と掃除、洗濯、調理などの生活援助があります。

訪問看護

看護師がご自宅を訪問し、その方の病気や状態に応じた看護を行います。健康状態の観察、病状悪化の防止・回復、療養生活の相談とアドバイス、リハビリテーション、点滴、注射などの医療処置、痛みの軽減や服薬管理、緊急時の対応、主治医・ケアマネジャー・薬剤師・歯科医師との連携などを行います。

通い

ご自宅まで送迎し、日中の食事・入浴の提供とその介護、生活などについての相談・助言、健康状態の確認など、日常生活の支援と機能訓練を行います。ご利用者様の状態に応じて横になっていただけるベッドも用意してあります。

泊まり

ご自宅まで送迎し、通いのサービスに加えて個室での宿泊が可能です。ご夫婦でご利用になる場合には、通常は間切りで仕切られている部屋を繋げて2部屋分の広さを確保できる専用の居室も用意しております。

介護度に応じた月定額制で4種類のサービスを自由に組み合わせて生活プランを立てることができます。定額制なためかんたきのサービスを増やした事で自己負担額が発生するといった制限がありません。看護師が常駐する施設ですので、点滴やIVHなどの医療的処置が必要な方でも安心してご利用いただけます。また情報の一元化が出来るため、どのサービスを利用してもスタッフ全員がご利用者様の状態を把握できるため質の高いケアが行えるメリットがあります。